1. コースを受講する前の事前準備

まずは準備から!コードを書くために、"エディター"と呼ばれるツールの準備をしましょう。

2つのレクチャーが含まれています。

アウトプット:

2. HTML×CSS レベル1

Web開発において最も基礎になる言語、それはHTMLとCSSです。今後どのようなエンジニアを目指すにしろ、これほどまでに知っていて損のない知識は他にありません。今回は、どのような場面でも使うことのできる基本言語、HTMLとCSSをあなたに伝授します。

28つのレクチャーが含まれています。

アウトプット:簡易Webサイト

3. JavaScript レベル1

HTMLの次は、Web開発の基礎となるもう一つの言語JavaScriptを学びます。タイピングゲームを作りましょう!

17つのレクチャーが含まれています。

アウトプット:タイピングゲーム

4. 必須!Web開発に必要な一般技術

Webエンジニアになるにあたって、プログラミング以外にも必須となる技術はたくさんあります。今回はその中でもとりわけ重要な3つの技術を覚えていきましょう。

12つのレクチャーが含まれています。

アウトプット:

5. HTML×CSS レベル2

前回、HTML×CSS レベル1(初級編)で学んだHTMLとCSS。今回は学んだ基礎知識を用いて、本格的なWebサイトを作りあげてみましょう!

27つのレクチャーが含まれています。

アウトプット:コーポレートサイト

【ショート】Webサイトのリリース編〜

このコースでは、静的なWebサイト(LPやコーポレートサイトなど)を実際にWeb上に公開する方法を学習していただきます!

15つのレクチャーが含まれています。

アウトプット:公開サイト

【ショート】ハードウェア編〜

このショートコースでは、ハードウェアについて学んでいただきます!現場の仕事をする上で、ハードウェアの知識は必須です。なぜかというと、全てのWebサービスやWebサイトは「サーバ」と呼ばれるハードウェアの上で動いているからです!また、ハードウェアだけでなく、データの数え方なども学んでおきましょう!

3つのレクチャーが含まれています。

アウトプット:

6. PHP レベル1

このコースでは、バックエンド言語とよばれるPHPについて学習していただきます。まずは基本文法や知識を学び、実際に簡単なアプリを作成してみましょう!

34つのレクチャーが含まれています。

アウトプット:クイズ・じゃんけんアプリ

【ショート】ネットワーク編〜

このショートコースでは、ネットワークについて学んでいただきます!ネットワークを学ぶことで、Webサイトやサービスの動き方や仕組みがさらに理解しやすくなります!しっかり頭に入れていきましょう!

3つのレクチャーが含まれています。

アウトプット:

7. React レベル1

このコースでは、Reactについて学んでいきます!Reactはライブラリの1つです。そしてライブラリとは、「誰かが作った、プログラムの寄せ集め」です。現時点では何か分からなくても大丈夫なので、実際にWebサイト・アプリを作成しながら、Reactを理解していきましょう!

32つのレクチャーが含まれています。

アウトプット:簡易Webサイト・アプリ

8. PHP×DB レベル2

このコースでは、前回学習したバックエンド言語PHPをさらに深堀りして学習していただきます!データベース(SQL)に関することも学び、扱えるようになっていただきます。テーブルの設計方法も覚えましょう!

57つのレクチャーが含まれています。

アウトプット:つぶやきアプリ・掲示板アプリ

【ショート】セキュリティ編〜

このショートコースでは、セキュリティについて学んでいただきます!セキュリティを軽視してしまうと、情報漏洩で賠償金を払う等のトラブルが起きてしまいます。そうならないために、基本的なサイバー攻撃の手法と対策を学んでおきましょう!

5つのレクチャーが含まれています。

アウトプット: